家電製品でリサイクルできるものとは

2022/08/25 コラム

家電製品の買い替えを検討中の方は、どれがリサイクルできるものであるか気になっていませんか。
地球環境のために、リサイクルできるなら資源として活用したいですよね。
そこでこの記事では、家電製品でリサイクルできるものをご紹介していきます。

▼家電製品でリサイクルできるもの
■法律で4つ決まっている
家電製品でリサイクルできるものは「テレビ」「エアコン」「冷蔵庫、冷凍庫」「洗濯機、衣類乾燥機」の4つです。
これらは2001年に制定された「家電リサイクル法」の対象となっています。

鉄や銅、アルミなどが使われているので、資源としてリサイクル可能です。
また、正しくリサイクルすることで、有害物質の流出を防げます。
これら4製品を処分する時は、自治体から許可された回収業者に引き渡すようにしましょう。

■その他の家電でリサイクルできるもの
家電リサイクル法では、4つの家電がリサイクルできるものとして指定されています。
さらに2013年に「小型家電リサイクル法」が制定されたことで、その対象が広がりました。

例えば、デジタルカメラ・デジタルオーディオプレーヤー・電話機・ゲーム機などです。
ほとんどの小さな家電が対象となっています。
ただし、自治体によって少しずつルールが異なるため、処分を検討している方は自治体に確認してください。

▼まとめ
家電製品でリサイクルできる大きな家電は、「テレビ」「エアコン」「冷蔵庫、冷凍庫」「洗濯機、衣類乾燥機」の4つです。
さらに、小型家電リサイクル法が制定されたことで、デジタルカメラなどもリサイクルできます。

ただし、自治体によって回収場所やルールには違いがあるので、しっかりと確認するようにしましょう。
当店をご利用のお客様に関しては、家電リサイクル法に基づいた料金で家電の回収もさせていただいております。
家電の買い替えをお考えの方は、ぜひ当店をご利用ください。