リサイクルの種類を解説

2022/09/08 コラム

最近はSDGsの1つとしてリサイクルが注目されています。
そのため、リサイクルに興味がある方も多いと思いますが、どんな種類があるのか分かりませんよね。
当記事では、リサイクルの種類について紹介します。

▼リサイクルの種類
■マテリアルリサイクル
マテリアルリサイクルとは、発生した廃棄物を製品の原材料として活用するリサイクル方法のことです。
ペットボトルを線維化して衣服にしたり、缶から新品の缶にするなど様々なケースで活躍しています。
現在も利用されているリサイクル方法ではありますが、リサイクルに多くのエネルギーを使用するというデメリットもあるのが特徴ですね。

■ケミカルリサイクル
ケミカルリサイクルとは、科学的な方法で廃棄物を分解して原材料・化学原料を作るリサイクル方法のことです。
主に廃プラスチックに利用される方法で、プラスチックを石油に戻すために行われます。

■サーマルリサイクル
サーマルリサイクルとは、廃棄物を燃焼する過程で生じる熱を回収するリサイクル方法です。
原材料としてではなく熱そのものを利用するため、他のリサイクル方法を利用できない場合にサーマルリサイクルが行われます。

▼まとめ
リサイクルの種類は「マテリアル」「ケミカル」「サーマル」の3つです。
リサイクルに携わる機会は少ないかもしれませんが、1つの知識として覚えておきましょう。
弊社は北九州でリサイクルショップを営んでおります。
資源を有効活用するよう徹底しておりますので、いつでもお問い合わせください。